おすすめ

Capture0064.jpg

mikawaya4783_is0045.jpeg

もぐら

芋焼酎もぐらという、一度聞いたら忘れられないネーミング。その名前と同様に、味わいにもインパクトがあります。
無濾過仕立てだけあって最初は濃厚な芋感があり、その後にふわっとした甘みがやってきます。
なので、ロックで飲むのがおすすめでしょう。まろやかさが五臓六腑にしみわたります。

芋焼酎もぐらの素材は、芋焼酎の理想とされる黄金千貫芋(こがねせんがんいも)を使用しています。
蔵元は、まるまる太った良質の黄金千貫芋を手に入れて、その地力を最大限に引き出すことにこだわったそう。
さらに、名水・七窪の自然湧水を使って芋の良さを活かし、無濾過でもぐら芋焼酎を造りあげました。

ちなみに、銘柄のもぐらは材料のまるまるとした芋を見たとき、「まるでもぐらのようだ」と思い命名したとか。迫力のある和紙のラベルも印象的。「五臓六腑にしみわたる」と書かれているとおりの旨さです。
芋の香りと甘みが心地よく感じられる、人気の限定芋焼酎です。

富乃宝山

原料芋に南薩頴娃町産の良質な黄金千貫を使い、仕込水は薩摩鋒山の懐から湧き出る伏流水「宝名水」を使って造られています。
芋焼酎を飲まれるのが初めての方でも飲みやすく、柔らかでなめらかな味わいの中に芋の甘い香りや旨みも感じられる上品な逸品に仕上がっています。
素材の良さが引き立つロックで飲まれるのがおすすめです。

tomino-houzan-1800.jpg

008002000008.jpg

鬼火

芋はこだわりの種子島紫芋。
さらに炭火で焼いて仕込みました。

炭火焼いも焼酎『鬼火』は、鹿児島県種子島の契約農家で栽培された「種子島紫芋」を、自家製釜炭火焼でじっくり時間を掛けて焼き上げた芋を使用しています。
香りと甘味が強い焼いもを、上質な天然水と、丁寧に造られた麹と混ぜ合わせ、蔵人たちの手によって鮮やかな紫色のモロミへ。
通常、芋焼酎はさつま芋を蒸して仕込みますが、『鬼火』は炭火焼き芋を使うことで、さらに甘みと香りを増しました。
香ばしく豊かな味わいが口いっぱいに広がります。
焼酎ファンにはもちろん、女性にもおすすめしたい、ひと味違う飲み心地を誘う熟成炭火焼きいも焼酎です。

佐藤黒麹

日経新聞の専門家が薦める焼酎ランキングで1位に輝いた焼酎です。 力強い旨みが特長。
創業は、明治39年(1906)。
風光明媚な霧島山麓に蔵があります。
霧島・関平の名水を使用して仕込まれた佐藤酒造の焼酎。鹿児島の歴史と蔵を支えてきた人たちのこだわりによって、プレミアともいわれる焼酎が出来上がっています。
佐藤黒は黒麹仕込み独特の力強さとしっかりしたボディを表現し、 コガネセンガンの香ばしい香りとインパクトのある甘さを持っています。
力強い香りと味わいに、丁寧な熟成による繊細で滑らかな舌触りをもたせ、 重厚な飲みごたえを感じさせてくれます。
ただ単に飲みやすくキレの良いものでなく、澄んでいながらもしっかりと芋の旨みを味わえます。
造ることが可能な生産量に限界があるため、なかなか手に入らない焼酎です。
芋焼酎3Mにもひけをとらない逸品です。

satou-kurokouji.jpg